ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


街づくり企業

30年の集大成「岡垣ふる里どんぐり村」 辰巳開発グループ(3)

2010年9月 7日 11:47

自然との共生、住人との共同作業で理想の団地を

<辰巳開発の住宅事業! 新しいふる里づくり>

 辰巳開発グループは、住宅開発30年の積み重ねの末にたどりついた新しいふる里づくり事業、「ふる里どんぐり村」を岡垣で展開している。
「岡垣ふる里どんぐり村」の街並み 同町の住宅団地は、大手住宅メーカーが手掛けながらも販売不振に陥っていたこの団地を、辰巳開発が再整備を始めたのが10年前。もともとは430区画だったものを300区画に変更し、1区画を大きくした。さらにオープン外構を取り入れ、樹木をふんだんに取り入れた街並みづくりにおいて、公道部分の街路樹(ケヤキ)を辰巳開発が提供。これまでの画一的な住宅団地とは異なる街並みを作り上げた。
 また、子どもが安心して家のまわりで遊ぶことができる「キッズパークタウン」や、林のなかに家が点在するといった境界線を感じさせないイメージのエリア「団栗の家」。さらにはペットも安心して運動できる「ドッグパーク」などの企画を盛り込んだ。
 究極のねらいは、そうした家や街並みを維持し成長させていく過程で、住む人たちのなかに新しい関係が生まれ、地域の文化が育つことだ。もちろん、一軒一軒の家づくりにおいては、最新の工法やデザインを取り入れながら、住む人それぞれの個性に合わせた家づくりを進めている。
 つまり、住む人が中心の新しいふる里づくりに取り組んでいるということだ。
 辰巳開発グループは、現在5社で構成されている。辰巳住宅(株)は北九州都市圏を中心に理想の住まいづくりを目指し、(株)田舎暮しは「岡垣ふる里どんぐり村」などでロハススタイル、スローライフといった自然と自分の時間軸で暮らす住宅を提案している。辰巳住研(株)は福岡都市圏を中心に「でっかい大黒柱のある家」などの木造軸組工法やデザイナーズハウスなどを手掛けている。
 また、不動産仲介や辰巳開発グループ各社の販売代理などを行なう会社として(株)アメニティ辰巳があり、不動産ネットワーク・センチュリー21の加盟店としても事業を行なっている。
 これらのグループ各社においても住む人の結びつきを中心にした新しい街づくりの理念は継承されている。
 辰巳開発グループでは30周年のスローガンとして「住まいから、環境のこと、未来のこと。」という言葉を掲げている。これは人と住まいと街づくりを基本に、地域に必要とされる開発会社・住宅会社であり続けることや、未来のために環境保全を念頭に置いた事業展開を行なうことを宣言したもの。
 辰巳開発グループが手掛ける住まいから、街から、どのような新しい文化が生まれるか、30周年の次のステップへ向けた取り組みがすでに始まっている。

(了)

[COMPANY INFORMATION]
辰巳開発グループ
代 表:今村 重記
所在地:北九州市八幡西区幸神4-7-6
設 立:1980年8月
資本金:7,000万円
年 商:(08年度)10億9,700万円
URL:http://www.tatsumi.com/

ニュース一覧
| 2014年5月 9日 10:50
| 2014年4月 3日 07:00
| 2012年5月16日 14:08
| 2012年4月16日 10:27
| 2012年1月17日 14:00