ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


家づくり企業

画期的な構法、安価で自由なコンクリート住宅~(株)加藤建築事務所(下)

2010年11月26日 08:00

 足元では持ち直しの動きが見られるものの、依然として厳しい住宅着工件数。しかし、このような状況下でありながら、新しい構法のコンクリート住宅で注目を集めている企業が北九州市の(株)加藤建築事務所である。最短工期は60日、魅力的なコストパフォーマンスでコンクリート住宅の既製概念を払拭。普通のビジネスパーソンの手が届く価格帯でのコンクリート住宅の特徴と、今後の展開をレポートする。 

<評価と今後の展開>

アエテルノハウス 09年10月、「PCa+S構法」は北九州市が推奨する「北九州いち押しエコプレミアム」に選定された。今年2月には(財)日本地域開発センターが選定する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2009」において優秀賞を受賞、各方面から高い評価を受けている。そのような経緯もあり、現在では価格での優位性や改築自由度の高さから、賃貸アパートや高齢者福祉施設、医院建築など、住宅以外からの引き合いも増えているのが状況である。
 昨年7月より、本格的に始動し始めた「アエテルノハウス」。現在の実績は住宅が3棟のほか、高齢者グループホームや民間の美術館などとなっている。
 従来型のコンクリート住宅は坪単価80~100万円程度であり、高額所得者向けであった感は否めない。しかし、同社はPCa部材を工場で製造、現地で組み立てを行なうことでコストを低減し、坪単価50~60万円での建築を実現させた。
アエテルノハウス 今年10月には、北九州市小倉南区にて建設中の一戸建専用住宅で構造見学会を実施した。竣工すれば、構造の特徴が隠れてしまうため、工事中にのみ見学可能の最先端の住宅技術を披露した。見学には2日間で72名が訪れ、見学者からの評価も上々だという。今後も、こうした見学会の開催させていく予定である。
当面は構法の優位性を説き、ブランドを確立させる動きが中心となる。建築士・加藤史衛として先述した社会的役割を果たすためにも、同社の今後に期待が集まる。

(了)

【新田 祐介】

<プロフィール>
加藤 史衛(かとうふみえ)加藤 史衛(かとうふみえ)
1969年生まれ、91年国立八代工業高等専門学校土木建築工学科卒業、建築設計事務所勤務を経て02年ArchiAlliance加藤設計事務所を創業。08年㈱加藤建築事務所を設立。

COMPANY INFORMATION
(株)加藤建築事務所
代 表:加藤 史衛
所在地:北九州市小倉北区大手町10-50-203
設 立:2008年7月
URL:http://aeterno.jp

ニュース一覧