ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


お得な住宅資材・機器

三菱電機・新エレベーター、最大36%の省エネ~待ち時間短縮も

2011年6月20日 14:03

 日本国内のエレベーター総据付台数ベーストップの実績を持つ三菱電機は、消費エネルギーと待ち時間を大幅に削減した標準形エレベーター「AXIEZ(アクシーズ)」の新モデルを発売した。

 新モデルの「AXIEZ(アクシーズ)」は、LED 照明を採用し、オプションの回生コンバーターの併用などによってオフィス用では最大36%の消費エネルギーを削減。新開発の可変速システムの導入により平均速度を最大47%引き上げ、待ち時間や乗車時間も短縮される。
 三菱電機によると、新モデルは、かご室天井の照明や、ホールランタンおよび液晶インジケーターのバックライトにLEDを採用し、天井照明の場合、従来のランプ光源と比較して消費電力を約50%削減。一定時間利用がないと移行する休止モードについては、移行までの時間を従来の約3分から約1分に短縮。オプションの回生コンバーターを採用すれば、巻上機を発電機として機能させることが可能で、電力を建物内の電気設備などに有効利用できるとしている。また、乗車率に応じて加速する「可変速システム」を改良し、従来は定員に対して約半分の乗車人数のときに、かごとおもりの重量が吊り合うように設計していたのを、新モデルではかごとおもり重量の釣り合う頻度が高い乗車率に初期設定を見直している。加えて、制御システムを改良して、最高速度を高めるとともに、ほとんどの乗車率で運行速度を速くして、平均速度は最大で47%アップ。待ち時間は最大22%、乗車時間は最大で33%短縮を実現している。
 住宅用9 人乗りで定格速度分速105m、停止箇所10 カ所の場合で、1,900 万円程度で、オフィス、市民施設、交通施設、マンション施設、医療施設など施設用途に対応した推奨モデルが9種類ある。

【石崎】
ニュース一覧