ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


家づくり企業

普及が加速、長期優良住宅建築等計画の認定状況 11年7月度

2011年8月17日 12:13

 国土交通省は8月15日に、2011年7月の長期優良住宅建築等計画の認定状況について発表した。詳細は以下のとおり。

住宅地1.2011年7月の実績 
(1)一戸建ての住宅 1万2,394戸
(2)共同住宅等 50戸
(3)総戸数 1万2,444戸

2.制度運用開始からの累計
(1)一戸建ての住宅 19万5,630戸
(2)共同住宅等 3,845戸
(3)総戸数 19万9,475戸
※ 東日本大震災の影響により、岩手県および福島県については未集計のため暫定値

 一戸建て住宅が6月より20%強の増加となっている。東日本大震災の影響により、工期のズレが生じたことによる数値増大も予想される。その一方で、長期優良住宅の認定による税や融資の優遇制度、「長期にわたり良好な状態で使用する」という資産価値向上への意識の浸透度が、日増しに高まってきている証である。長期優良住宅の普及でとくに、構造躯体の劣化対策、耐震性、省エネルギー性の性能への関心が、以前よりまして高まっているのではないだろうか。8月以降も季節指数として若干の数値の上下は発生するものの、認定数の増加傾向は継続することが予想される。

【河原 清明】

ニュース一覧