ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


お得な住宅資材・機器

ルミオテック世界初の量産化成功 有機EL照明を発売

2011年8月 8日 07:00

 パネルの生産会社、ルミオテック(株)(本社:山形県米沢市、重永久夫社長)は今年(2011年)7月27日、世界初の有機EL(エレクトロ・ルミネックス)パネルを使った照明器具を9月1日に発売すると発表した。
 同パネルは、次世代の照明素材として注目されており、点発光のLED(発光ダイオード)と違い、面で発光するため、照明の光が均一に広がるうえ、器具を軽量化、薄型化しやすい。また、蛍光灯のように有害物質の水銀なども使わず、環境負荷が少ないメリットがある。

 今回、発売するのは持ち運びやすいポータブルタイプ「HANGER」(3万5,000円、重量190g)と卓上タイプ「VANITY」(5万5,000円、500g)の2種類。初年度は売上台数として3,000台および1,000台を見込む。
 拡販に向け、国内および欧州を中心とする海外で、出資会社の販売網を活用した販売拠点の構築に乗り出すほか、デザイン支援で提携関係にあるイタリアのデザイン会社、トライアンフ・デザイン・アンド・コンサルティング社など、複数社と販売提携していく予定だ。


有機EL照明「HANGAE」(左)と「VANITY」(右)

 同社は08年、照明用有機ELパネルの専業メーカーとして、三菱重工業、ローム、凸版印刷、三井物産などが共同出資で設立。本年1月から照明・有機ELパネルの量産出荷を行なってきた。NECライティング、パナソニック電工なども年内の製品化へ向けて研究・開発を続けており、ルミオテックの製品投入が本格的な競争の幕開けとなりそうだ。

【山下 理恵】

▼関連リンク
ルミオテック(株)

ニュース一覧