ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


街づくり企業

ユナイテッド・アーバン JALシティ那覇修得へ~福岡市中心部のビルを売却

2011年10月 5日 13:58

 ユナイテッド・アーバン投資法人(本店:東京都港区虎ノ門)は、9月30日福岡市中央区天神にある店舗ビル「アルボーレ天神」を売却。同日、沖縄のホテル「JALシティ那覇」を76億5,000万円で10月25日に取得することも発表した。これにより、同投資法人の運用資産は取得価格ベースで4,137億3,400万円となった。

アルボーレ天神 ユナイテッド・アーバン投資法人は、実質的に初の用途分散を行なう総合型のファンドで、2006年6月に資産運用会社の筆頭株主になった丸紅が運営の中心となっている。
 売却した「アルボーレ天神」(福岡市中央区天神2丁目)は、天神西通りに面するサザン通り西口交差点そばの物件。土地165.75m2、建物が943.45m2のRC10階建。現在の稼働率は100%の物件。譲渡先は福岡ビルメンテ(有)(本社:福岡市博多区博多駅前、村上信吾社長)で、売却価格は8億5,000万円。

 一方、新たに取得する「JALシティ那覇」は、1階店舗部分にアメリカの人気ブランドである「COACH」ショップのテナントがあり、物件としての高級感から競合ホテルに対しての差別化が図られていると同投資法人では判断している。
 なお、同物件は取得後も(株)サン・ビスタ那覇により「ホテルJALシティ那覇」としてのホテル運営が引き続き行なわれる予定。



【石崎 浩一郎】

ニュース一覧
| 2014年5月 9日 10:50
| 2014年4月 3日 07:00
| 2012年5月16日 14:08
| 2012年4月16日 10:27
| 2012年1月17日 14:00