ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


環境への取り組み

環境省「2011年度 省エネ、照明デザインアワード」公募

2011年11月22日 14:27

 環境省は、省エネ照明を導入し、高い省エネ効果と魅力的な空間づくりを両立している商業施設や店舗などを募集し、表彰する「2011年度 省エネ・照明デザインアワード」を実施する。近年CO2の排出量は、商業施設やオフィスなどの業務部門において1990年比で約4割増加している。その約2割を占める照明について、環境省では省エネ対策をより一層推進することを目的に実施している。

 表彰の対象は「公共施設・総合施設部門」「商業・宿泊施設部門」「まち、地区、その他部門」の3部門。東日本大震災の被災地域の復興の導入参考事例としての活用も考慮し、今年度新たに「まち、地区、その他部門」を新設された。各部門から環境大臣賞(グランプリ)と優秀事例が選出される。

 公募期間は、11年11月18日(金)から12月15日(木)まで。 12年2月6日の「省エネ・照明デザインフォーラム」で、グランプリ・優秀事例を表彰し、取組事例を発表。選定された施設等は、12年2月中旬~3月に同フォーラムのほか、WEB、映像、雑誌等でCO2の削減効果や空間デザインの設計手法、新しい技術および導入手法などを全国に紹介される。

 なお、昨年の「2010年度省エネ照明デザインアワード」の3部門グランプリ受賞者は以下の通り。

■公共施設・総合施設部門:根津美術館
「美術館展示照明をはじめ、建物全体のベース照明にLEDを採用し、魅力的な空間と高い省エネ性を実現した次世代型施設」

根津美術館.jpg

■商業施設部門:大丸大阪・梅田店
「天井照明のALL LED化を多数のフロアで実現した世界初の百貨店」

大丸大阪・梅田店.jpg

■その他施設部門:東急ウェリナ大岡山
「あらたなるゆとりのシニア邸宅を実現する『リズムに考慮した省エネ照明デザイン』」

東急ウェリナ大岡山.jpg

 また、3つの部門で計17の優秀事例が選定された。

【山下 理恵】
ニュース一覧
| 2012年4月13日 10:31
| 2012年1月18日 13:00