ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


環境への取り組み

中部電力が「メガソーラーたけとよ」の運転を開始

2011年11月 8日 14:32

「メガソーラーたけとよ」.jpg 中部電力は、愛知県知多郡武豊町の武豊火力発電所構内で建設を進めてきた「メガソーラーたけとよ」の営業運転を10月31日に開始した。
 中部電力では、今年(2011年)1月に長野県飯田市の「メガソーラーいいだ」の営業運転を開始していたが、今回の「メガソーラーたけとよ」は、同社2番目の事業用太陽光発電所となる。

 発電所出力は、中部地域最大の7,500kWで想定年間発電量は730万kWh。これは、一般家庭約2,000世帯分の年間使用電力量に相当するもので、この発電所の運転によりCO2が年間約3,400トン削減される見込み。

 また、「メガソーラーたけとよ」では、発電所を一望できる展望台などを設置し、同施設の見学を通じて、再生可能エネルギーの普及啓発を行なっていく。
 中部電力では、2014年度に営業運転開始を目指している静岡市の「メガソーラーしみず」など、今後もCO2排出量の少ないエネルギーの導入に取り組む方針。

【石崎 浩一郎】
ニュース一覧
| 2012年4月13日 10:31
| 2012年1月18日 13:00