ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


街づくり企業

満を持して2棟の分譲開始~(株)福岡地行

2011年11月22日 15:40

1122_fukuoka_t.jpg(1)「アクロス荒江セントプレイス」
 今年(2011)9月23日に(株)福岡地行が、「アクロス荒江セントプレイス」と「アクロス弥生が丘駅前」の2棟の新規マンションの販売を開始した。同社にとっては06年3月以来の新規物件だが、満を持しての販売だけに、同社の想いが詰まった期待のマンションである。

<アクロス荒江セントプレイス>
 「アクロス荒江セントプレイス」は、古くから福岡市のなかでも文教地区として知られている地区にある。非常に教育熱心なところで、荒江や原などの住宅地にいくつも学習塾がある。普通、学習塾は交通の便のよい駅前などに集中しているが、こうした住宅地にあるのは、それだけこの地域は教育・文化への関心度が高く、より一層充実した文教地区への成育に寄与しているようだ。

 福岡地行では、住む人の安全を守り、安心して快適な暮らしを実現するために「アクロス荒江セントプレイス」でも「安全」「安心」「快適」「便利」を最優先させ、「満足」をカタチにして提供している。

 同マンションは、ワンフロアに2戸の設計のため、すべての部屋が角部屋。両開きのエレベーターで、各住戸前のエレベーターホールを完全独立させ、プライベートポーチとも言える空間を実現させている。加えて、ほかの居住者が出入りすることがないため、見知らぬ人がエレベーターホールにいればすぐに気づき、不審者が入り込みにくいなど、防犯に優れ、プライバシーも守られる。エレベーターの扉が開けば、そこからが我が家の空間と感じることができる。

 また、エレベーター連動オートロックシステムを導入し、エントランスを解錠すると、自動的にエレベーターを1階に呼び、戸閉待機させ、自宅フロアまで行くことができる。セキュリティ強化のため、自宅階以外のフロアには停止せず、居住者が住戸内インターホンで確認・許可しないと利用できない「セキュリティエレベーターシステム」で安心して暮らすことができる。また、空気中の熱を利用するヒートポンプシステムにより環境に配慮し、経済的なECO仕様の設備も充実しており、人気の荒江地区で2,000万円台からというのも、魅力的で、是非一度は見てみたくなる物件だ。


| (2) ≫


<アクロス荒江セントプレイス>
 所在地:福岡市早良区荒江2丁目250、251
 総戸数:28戸
 販売価格:2,340万円(1戸)~3,670万円(1戸)
 間取り:3LDK(14戸)・4LDK(14戸)
 竣工:2012年10月下旬予定
 施工:へいせい共栄建設工事共同企業体


<COMPANY INFORMATION>
■株式会社 福岡地行
 福岡市博多区博多駅前4-4-21
 代表:藤木 久臣氏
 TEL:092-432-0310
 URL:http://www.jigyo.co.jp

ニュース一覧
| 2014年5月 9日 10:50
| 2014年4月 3日 07:00
| 2012年5月16日 14:08
| 2012年4月16日 10:27
| 2012年1月17日 14:00