ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


街づくり企業

バルコニーの太陽熱で給湯するマンション~都内に初採用

2011年12月12日 11:48

バルコニー外観写真.jpg 太陽熱利用給湯システムを採用した賃貸マンションが都内に登場した。各住戸のバルコニーの手すり部分で太陽熱を集め、給湯やお風呂のお湯張りに利用する、高効率の給湯器と組み合わせてガス消費量を約3割削減できるという。

 去年(2010年)2月に東京ガス(株)(本社:東京都港区、岡本毅社長)が、新築集合住宅向けバルコニー設置型太陽熱利用ガス温水システム『SOLAMO(ソラモ)』を販売した。今回、本システムを賃貸マンションに日本で初採用したのが、不動産賃貸の東邦モーターズ(株)(本社:東京都品川区、大森一男社長)である。東京都品川区の「アーレア戸越公園」マンション(111戸)のうち、南側に面した中層棟の18戸に導入し、今月(12月)1日から賃貸を始めた。間取りは2LDKから3LDK。

 本システムでは、標準的な3人家族の場合、給湯使用量の約16%を太陽熱でまかなうことができる。また、潜熱回収型高効率給湯器「エコジョーズ」の効果と合わせ、従来給湯器と比べて年間のガス消費量およびCO2排出量の約29%(約270kg-CO2/年相当)を削減できるため、ガス代を年間約20,000円節約できると試算されている。

太陽光発電が普及する以前は、一戸建ての家の屋根に太陽熱でお湯を沸かす給湯器がよく見られた。しかし、マンションやアパートなどの集合住宅では、住宅の数に比べて屋根のスペースが小さく、配管が長くなり取り付けるのが難しかった。今回、東邦モーターズは東京ガスが今回のバルコニーに設置できるシステムを開発したことや、入居者の環境貢献意識の高まりをうけ、入居者自身が省エネ、CO2排出量削減を実感することができる本システムの導入を決めた。

システム全体図.jpg

【山下 理恵】
ニュース一覧
| 2014年5月 9日 10:50
| 2014年4月 3日 07:00
| 2012年5月16日 14:08
| 2012年4月16日 10:27
| 2012年1月17日 14:00