ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


環境への取り組み

太陽割キャンペーン 太陽光パネル3kw分が無料~大和ハウス工業(株)

2012年1月12日 07:00

0112_daiwa_1.jpg 大和ハウス工業(株)(本社:大阪市、大野直竹社長)は、新年1月2日から外張り断熱の戸建住宅「xevo(ジーヴォ)」を新築した場合、最大3kw分の太陽光発電パネル導入費用が無料になる新しい割引キャンペーン「太陽割」を開始。注目を集めている。

 同社は2009年7月より、同社で新築する住宅に太陽光発電システムを3kW以上搭載したお客様に、1kW分(税込57万5,000円)の導入費用を同社が負担するサービスを行なってきた。そして、さらに環境配慮型住宅を普及・促進させるために、今回のキャンペーンでは、太陽光発電システム、家庭用リチウムイオン蓄電池、HEMS(ホームエネルギー・マネジメントシステム)を搭載した「スマ・エコ オリジナル」を採用されたお客様に、さらに1kW分を同社が負担する。

 加えて、2月29日までは、「太陽割」キャンペーンのスタートとして、さらに1kW分が無料、合計すると3kW分を無料とし、サービスの拡充を図る。

0112_daiwa_2.jpg 「太陽割」自体は3月1日以降も続行する予定で、HEMS導入の場合2kW分が無料、導入しない場合は1kW分が無料になる。

 現在、一般家庭での太陽光パネルの平均搭載量はおよそ3kw台と言われており、「太陽割」キャンペーンの3kw分はお客様にとって太陽光パネルを設置するための自己負担がかなり軽減されるものと言える。
販売促進費はおよそ8億円。1新築物件に占める太陽光発電システムの搭載比率を期初の5割弱から6割以上に高めていく考えだ。


【山下 理恵】

▼関連リンク
・大和ハウス工業(株)HP

ニュース一覧
| 2012年4月13日 10:31
| 2012年1月18日 13:00