ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


環境への取り組み

熊本県 小水力・太陽光発電導入モデル事業の提案を募集中

2012年1月25日 10:29

 熊本県は、豊富な水資源を有効に活用するため、農業水利施設を活用した小水力発電の導入促進を図ることを目的に、小水力・太陽光発電導入モデル事業第2号工事の提案を募集中。同事業によって、阿蘇市一宮町宮地地内の農業用水に、小水力および商用電力の複数電源による供給システムを設置する。予算規模は2,200万円。契約件数は1件。公募期間は1月18日から2月7日まで。

 同県は、発電に必要な落差を確保できる山間部や豊富な農業用水を有する平野部など地形的に多くの適地が見込まれ、今後、最大出力1,000キロワット以下の小水力発電の普及が拡大していく可能性があると考えている。そこで、大規模ダムなどで河川の水を貯水することなく、そのまま利用する発電方式により、一般河川、農業用水、砂防ダム、上下水道などから、エネルギーを生み出して有効利用しようと試みている。
本システムで発電した電力は、設置付近にある揚水ポンプの農業施設の電力として使用する。同県では、土地改良施設の維持管理費の軽減やCO2削減を図るとともに、農業振興につなげていくため、小水力発電の導入モデル事業を行なう。

 昨年(2011年)10月には、阿蘇市小野田地内において、農業用水に小水力発電を設置、そして隣接する揚水ポンプ施設の屋根に太陽光発電を設置し、小水力発電施設と太陽光発電施設をパッケージとしたシステムによって、揚水ポンプへ電力供給を行なう事業について、2,500万円の予算規模で提案を募集した。本事業は、これに続く第2弾となる。

 応募締切後、2月中旬に、審査会による提案者によるプレゼンテーションを経て、提案を選定し、3月中旬に契約を締結する予定。事業の実施期間は、契約締結日から2013年2月28日まで。


【山下 理恵】

【設置予定箇所写真(阿蘇市)】

0125_yoteikasyo.jpg0125_yoteikasyo_2.jpg

▼関連リンク
・熊本県HPより詳細について

ニュース一覧
| 2012年4月13日 10:31
| 2012年1月18日 13:00