ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


環境への取り組み

山梨で太陽光発電実証サイト竣工~(株)NTTファシリティーズ

2012年2月21日 14:29

0221_taiyoukou.jpg NTT(日本電信電話(株))の100%子会社である、(株)NTTファシリティーズ(本社:東京都港区、沖田 章喜社長)は、日照時間が長いことで知られる山梨県で太陽光発電実証サイト「Fソーラーリサーチパーク」を2月10日竣工したことを発表した。

 「Fソーラーリサーチパーク」は、同社がシステムインテグレータとして、太陽光発電のさらなる進化を目指し、山梨県北杜市の協力で、北杜サイト太陽光発電所に隣接する約4万m2の敷地内に構築する太陽光発電実証サイト。

 2011年度は日本のみならず韓国、中国、インド、台湾のメーカーの最新モジュール16種類を導入し、7,000m2で233kWの設備を構築し、経年変化データを得るためにも長期間評価・検証を行なう予定。また、必要に応じて設備を拡張していき、最終的には2MW級を計画しているという。

0221_ntt_s.jpg 評価・検証内容については、3エリアに分けておこない、「モジュール評価エリア」にて国内外の16種類の最新モジュールを導入して長期的に運用・評価し、各種特性を実環境下で明らかにする。

 架台検証エリアでは、軟弱地盤でも対応可能な不同沈下対策架台や手動式傾斜角可変架台などを開発し検証・評価をおこなう。

 設計技術検証エリアでは、太陽光発電システムの設計・運用に関する検証・評価を行なうといい、太陽電池・パワーコンディショナーのマッチングによる発電特性への影響、不具合の早期発見と復旧対応、不具合発生時の発電特性など、システムの構築・運用において基盤となるノウハウを蓄積する。

 同社によると、「Fソーラーリサーチパーク」の運用により、顧客ニーズに対応した技術開発に繋げていく構えで、最先端のノウハウを蓄積する世界的な実証サイトとしてのポジションを目指すという。

【永上 隼人】

▼関連リンク
・(株)NTTファシリティーズ

ニュース一覧
| 2012年4月13日 10:31
| 2012年1月18日 13:00