ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


環境への取り組み

電力管理・制御できる「認証型コンセント」開発~ソニー(株)

2012年2月28日 11:36

 電力を利用する際のインターフェースである「コンセント」に、交通乗車券や電子マネーなどで実績のある非接触ICカード技術をベースとした「認証機能」を加えた「認証型コンセント」を、ソニー(株)(本社:東京都港区、ハワード・ストリンガー会長兼社長)が開発した。今後は、この開発技術をもとに、利用者ごとに最適な電力利用を実現するために必要な機器やシステムについて実用化を図るという。

 「認証型コンセント」が普及すると、利用者は新たに電気機器(家電製品や電気自動車など)の所有者の認証、機器ごとの電力管理・利用、電力利用の許可、過去の電力利用履歴の記録や、電子マネーとの組み合わせによる電力課金・決済などができるようになるという。

 この技術の特長は、普段は通電せず、利用時のみ機器認証を行なうことで100Vを流すことが可能なため、異物を差し込んでも感電しない安全なコンセントを実現できること。また、電力利用状況データを蓄積・解析することで、ユーザーの利用形態に即した最適な電気機器およびその利用方法を提案できるという。さらに、電力需給が逼迫したときに緊急度の低い機器のみ電源OFFにすることで、全体の停電を回避することも可能になり、認証機器以外は通電しない「盗電防止コンセント」を設置することもできるようになる。

0228_sony.jpg

【永上 隼人】

▼関連リンク
・ソニー(株)


ニュース一覧
| 2012年4月13日 10:31
| 2012年1月18日 13:00