ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


家づくり企業

福岡で頑張る住宅会社40社(6)~(株)オリエンタルホーム

2012年3月12日 07:00

0312_j1.jpg (株)オリエンタルホーム(本社:福岡市西区姪浜駅南2-17-19、築地重彦社長)は、飯田産業グループとして、2006年9月に(株)飯田産業九州として設立、5年の間に川崎・横浜・名古屋・小倉に営業所を構えるなど業容を拡大。現在は5店舗体制となっている。飯田産業同様に戸建建売がメイン。

 オリエンタルホームでは、I.D.S工法を採用。「木造軸組-パネル工法」で、木造軸組工法の設計自由度と構造用合板パネル工法の耐震性の高さをあわせもった工法。外壁、1・2階床組、屋根を構造用合板で一体化させ、高い耐震性を実現させている。住宅性能表示制度に対応し、耐震等級(構造躯体の倒壊等防止・損傷防止)・耐風等級・劣化対策等級・維持管理対策等級・ホルムアルデヒド対策等級で最高等級を取得。徹底した工場生産(プレカット・パネル生産)の導入により、職人の技量に左右されない均質な住宅の提供を可能にしている。また、集成乾燥材や当社独自開発の壁パネル(特許取得済の通気外壁パネル、大臣認定を受けた外壁耐力パネル)などの精度・品質のよい部材・設備の使用により、住宅性能表示において、高い評価を受けている。

 I.D.S-V型工法は、I.D.S工法の性能に加え「SI(スケルトンインフィル)住宅」の性能を備えている。この「SI(スケルトンインフィル)住宅」の性能を備えたI.D.S-V型工法はライフステージの変化にフレキシブルに対応し、高い耐久性はそのままに間取りの変更が容易にできる永住指向型の住宅である。

【石崎 浩一郎】

≪ (5) | (7) ≫

ニュース一覧