ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


家づくり企業

一建設などパワービルダー6社が経営統合

2012年12月27日 13:06

 25日、一建設(株)、(株)飯田産業などパワービルダー6社は、経営統合に関する合意書を締結したと発表した。経営統合するのは一建設(株)、(株)飯田産業、(株)東栄住宅、タクトホーム(株)、(株)アーネストワン、アイディホーム(株)の6社。来年11月をメドに持ち株会社を設立し、6社の株式すべてを持ち株会社へ移行する株式移転の方法での統合を計画している。

 今回の統合は、国内の人口・世帯数の減少やストック市場の拡大、新興国への進出に対応するためのもので、スケールメリットを活かしたコスト削減や各社のノウハウを集結させ、新たな収益源を確保することが狙い。なお、6社とも、直近3期は増収を果たしている。

 いずれもジャスダック、東証1部上場企業であるが、いったん上場廃止し持ち株会社を東証1部へ再上場させる計画。
 25日の取引終了後の発表を受け、26日のジャスダック市場では一建設株はストップ高の3,140円まで上昇。市場は6社の経営統合に好感触を示した。このようなスケールメリット、海外進出を目的とした経営統合は今後も増えていくと考えられ、さらなる業界再編が進んでいくだろう。

【永上 隼人】
ニュース一覧