ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


住宅関連ニュース

屋根漏水防御してこそ快適住宅~(有)金谷洋瓦工事店・金谷宏之代表

2013年9月10日 11:55

<集中豪雨で漏水続出>
 時間あたり70ミリ、100ミリという前例になかった局地的豪雨があちこちで発生。その結果、屋根から水漏れが続出するという。深刻な事態が各地区で起きている。

 金谷洋瓦工事店の金谷宏之社長が語る。「現在の雨の量は半端ではありません。瓦業界では元々、こんな激しい降雨量を想定した対策を持ち合せていませんでした。大半の屋根で漏水防御をすることは容易ではありません。30年以前に建てた大部分の住宅は豪雨のために雨漏りで悩まされています」。集中豪雨はとんでもない厄介な問題を引き起こしているのだ。業界はこの対応にてんてこ舞いになっている。

 漏水に悩む居住者は、まず施工した工務店に相談する。対応に苦慮した工務店は取引先の瓦工事業者に投げる。ところが建材店がやっている屋根工事のレベルでは解決ができない。結果、廻り廻って金谷洋瓦工事店に仕事の依頼が廻ってくる。7月、8月は金谷社長も休みなく現場に出た。35度を超える炎天下のなかで、めまいがして地上に落下する危険性もあったという。「若い職人がまったく足りません。人材育成を怠ってきた長年のツケが、いま業界を襲ってきています。一方では漏水に苛立つ生活を強いられている方々が数多く存在されているのも事実です。彼らの悩みを早急に解決できないと、瓦屋の面子に関わると思っています」。

<業界全体で人材育成のシステムの構築>
 金谷社長は瓦の現場に立って25年になる。現場を積み重ねるうちに漏水の原因となるパターンを研究した。「たいして難しい問題ではありません。重要なのは水が漏れていく道筋を深く探求することです。大きく分けると5パターンあります。こういう研究心があれば誰でもが漏水対策のノウハウを習得できます。しかし、昨今の若者に《自力で学べ!!》と叫んでマスターさせることは無理です。業界全体で教育システムを構築することが必要な時期が来ています。そうしないと業界のレベルアップは不可能になります」と改善策を説く。

 頻発する地震によって瓦業界は激風に襲われた。(1)瓦葺きの住宅は地震に弱い(2)瓦の重量で住宅が潰される(3)果ては未来の住宅には瓦葺きはナンセンスとまで批判がエスカレートした。さすがまとまりのなかった業界も共通の危機感を抱いた。瓦メーカーは地震に対応できる製品の改善に励み、施工関係者も工法の工夫に専念した。ボルト、ビスの活用の仕方も創意工夫の進展があった。当然、工事単価は上がる。金谷社長に言わせると「『地震に強い工法ですので高くなります』と勧めたら意外と値が通ったのには驚いた」となる。

 この地震対策で発案した製品と工法が、漏水にも通用することが実証されたことは幸いだった。「アジアのゲートウェイ150万都市福岡で戸建に住んでおられる方々が、漏水に苛立ちを感じられている生活環境があります。プロ瓦屋としては放ってはおけません。豊かで快適な住宅の条件とは漏水を防御することです。屋根の水漏れに悪戦苦闘されている方々の情報を耳にしたら、どこにでも飛んで行き、水漏れ封鎖させるという使命感に燃えています」(金谷代表)。

【道山 憲一】

<COMPANY INFORMATION>
代 表: 金谷 宏之
所在地: 福岡県筑紫郡那珂川町仲1-51-3
設 立:1976年5月
資本金:500万円
業 種: 屋根工事業、木造建築工事業
売上高:(12/9)2億円

ニュース一覧
| 2015年1月15日 11:28
| 2015年1月 9日 11:17
| 2015年1月 8日 09:39
| 2015年1月 6日 10:22
| 2014年12月26日 16:22
| 2014年12月26日 16:04
| 2014年12月25日 07:00
| 2014年12月11日 15:00
| 2014年12月10日 10:19
| 2014年12月 8日 10:30
| 2014年12月 5日 13:13
| 2014年12月 2日 09:54
| 2014年11月27日 17:05
| 2014年11月10日 14:17
| 2014年11月 7日 10:47
| 2014年11月 7日 10:06
| 2014年10月31日 16:14
| 2014年10月28日 11:16
| 2014年10月20日 13:45
| 2014年10月17日 10:35
| 2014年10月15日 09:44
| 2014年10月10日 11:00
| 2014年10月 8日 13:17
| 2014年10月 6日 09:49
| 2014年10月 1日 11:04
| 2014年9月29日 13:43
| 2014年9月25日 07:00
| 2014年8月27日 11:45
| 2014年8月21日 07:00
| 2014年8月20日 13:23
| 2014年8月18日 13:13
| 2014年8月18日 10:49
| 2014年8月11日 13:13
| 2014年8月 8日 15:19
| 2014年8月 8日 15:05
| 2014年8月 6日 11:06
| 2014年8月 5日 09:39