ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


街づくり企業

LINE福岡社屋建設の効果

2014年4月 3日 07:00

line-fukuoka.jpg コミュニケーションツールのアプリで現在世界トップクラスのLINE(株)。同社アプリケーションの登録者は、4億人を突破している。
 同社は、2013年7月博多区博多駅前2丁目に社屋(敷地面積 1,589.83m2 建設面積 1,271.5m2 延べ床面積 13,752.43m2 地上11階地下2階 高さ51m)の新設を発表している。その建設のスケジュールが14年2月27日に公表され、同年4月に着工、16年春に完成予定だ。
 同社においては、アジア戦略上の国内第2の拠点としての位置づけである。また同社は今回の福岡社屋の建設にあたり、社員の働きやすいオフィス環境を整えるだけでなく、低層階に一般市民が自由に利用できる図書館等の公共施設を設置するなど、福岡市都心部機能更新型総合設計制度の活用を予定。さらに、敷地内の図書館と、隣接する公園で利用できる無料Wi-Fiを提供する計画を立てている。福岡社屋を通して、近隣施設・住民との共生を図り、周辺地域の振興も支援していく予定だ。
 さらにこの建築物は、日本の建築環境総合性能評価指標『CASBEE』の最高ランクであるSランクと、世界的な建物環境性能評価指標『LEED』の新築部門最高ランクであるプラチナ認証の同時取得を目指す。同時に取得したオフィスビルは、まだ国内にはない。

同社の福岡社屋の出現に期待されるのは、福岡都心部における新たなランドマークとなることではないだろうか。同所の近隣はキャナルシティ博多、博多区役所、博多署、福岡商工会議所など公共施設や商業経済関連における要所である。博多駅にも近い。その周辺環境のなかに『わが国初』というビルは、強いインパクトを与える。人々が集えるコンセプトの空間の作り。そして地球環境に配慮した建築設計。入居予定人数が1,000人と発表している。同所周辺に1,000人増えることは画期的であり、さらに福岡社屋へ訪問する取引先などを換算するとその1,5~2倍になると予想される。それだけの人数が往来が増えれば、博多駅やキャナルシティおよびその周辺地区の商業関連における経済効果への期待は高まる。
 地場企業でないのは少々残念であるが、LINEという世界レベルのブランドの福岡進出は、新名所となり地域の活性化の一助の存在になることは確かである。

【河原 清明】
ニュース一覧
| 2014年5月 9日 10:50
| 2014年4月 3日 07:00
| 2012年5月16日 14:08
| 2012年4月16日 10:27
| 2012年1月17日 14:00