ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


住宅関連ニュース

三位一体の取り組みでユーザーの評価を獲得

2015年1月26日 15:21

福岡中小建設業(協)

<地場業者33社が集まり唯一の家づくりを提供>

リノベーションルーム木箱 IMAIZUMI 福岡中小建設業(協)(略称:福中協)は、1979年、福岡市内の大工の親方約60名を中心に設立された協同組合(現在の組合員数は33社)。県内でも有数の杉の産地である耳納地方の耳納杉を自然乾燥させた木材にこだわった家づくりを行っている団体である。
 コンセプトとしているのは、「世界で1つしかない家」。注文住宅だからこそ、規格化されたものではなく、家族の個性に合った住まいづくりを提案。前述の県産材(耳納杉)へのこだわりはもちろん、太陽や風といった自然を取り込んだOMソーラーや無害な塗料を使うなどして健康で安全、100年後にも存続する家づくりに傾注してきた。

 そんな福中協では現在、年間で10棟ほどの新築住宅を手がけているが、今後はさらにリノベーション(リフォーム)にも力を注いでいく予定だ。組合として「新築ができなければ、真のリノベーションもできない」という信念があり、新築建築で培った技術力を背景に、マンションの改装にも対応することで、多々あるリフォーム専門会社には負けない取り組みを行う。

<合同プロジェクトを立ち上げ、ひと味違うリノベーションを提案>

 さて最近、不動産会社がマンションをリノベーションして仲介する事業を行っている風景が見かけられるように、元来、建築と不動産は相性の良い関係にある。福中協は、そこに新たにライフスタイルを提案する要素を組み込み、「建築+不動産+ライフスタイルの提案」という三位一体型の合同プロジェクトを組織。《あなたの暮らしをリノベーション『リノスマイル』》というブランドで業界に打って出た。
 その『リノスマイル』を組織するのは、建築が「福中協」、不動産がリノベーションマンションや新築物件を手がけてきた「ふくろう不動産販売(株)」、そしてライフスタイルの提案を担うのが、子育てに頑張るママたちを応援するコミュニティの「バンビの木箱」である。バンビの木箱は、東区社領にある福中協の敷地内にある「陽だまりホール」で、食や健康に関するイベントやワークショップを開いている市民グループである。
 バンビの木箱がワークショップを社領の陽だまりホールで行うようになってから、福中協の事業へ関心を持つユーザーが、50代の建て替え世代から30代の新築世代へ広がったことも、合同プロジェクトに参加してもらう大きな理由になったという。

 そんな3者が関わる『リノスマイル』だが、事業開始にともない、2014年6月20日に住まい相談やリノベーションの実態を体験できる『リノベーションルーム木箱 IMAIZUMI』を中央区今泉にオープンさせた。ここは戸建住宅ではなく、マンションの一室。しかしながら、新築同様、耳納杉をふんだんに使ってリフォームした住空間は、マンションなのに戸建のような気持ちの良い空間に生まれ変わり、来訪者に大変好評を博している。

 福中協が音頭を取ってスタートした合同プロジェクト『リノスマイル』だが、今後も今泉のリノベーションルームや社領の陽だまりホールにおいて見学会やワークショップを開きながら、この3者でしかできないプランを積極的に提案していく考えだ。建築や不動産といったハード面だけでなく、ライフスタイルというソフト面からもアプローチすることで、ユーザー層の拡大も期待されている。

【原 清和】

<COMPANY INFORMATION>
理事長:大里 博之
所在地:福岡市東区社領1-2-9
設 立:1979年9月
資本金:1998万円
TEL:092-621-7035
URL:http://fkchk.net

ニュース一覧
| 2015年12月 7日 10:23
| 2015年8月31日 10:37
| 2015年5月 1日 11:43
| 2015年4月24日 14:46
| 2015年1月15日 11:28
| 2015年1月 9日 11:17
| 2015年1月 8日 09:39
| 2015年1月 6日 10:22
| 2014年12月26日 16:22
| 2014年12月26日 16:04
| 2014年12月25日 07:00