ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


住宅関連ニュース

北九州地区トップデベロッパー、マンション・戸建で市場を席巻

2015年1月27日 07:00

大英産業(株)

<実直さ貫き半世紀、飛躍のときを迎える>

 俳優・坂口憲二さんを起用したテレビCMでお馴染みの大英産業(株)。分譲マンションや戸建住宅を提供する「デベロッパー」に分類される同社であるが、その成長ぶりが業界でも注目を集めている。

 業績推移を見ると、約10年前の2004年9月期に約52億7,400万円であった売上高は年を追うごとに伸長。不動産業界に暗い影を落としたリーマン・ショックの余波もいち早く乗り越え、13年9月期の売上高は約130億500万円に達した。この10年間における成長率は実に2.4倍。非上場の地元デベロッパーでは県下屈指、北九州市に本社を置く企業に限れば、文句なしのトップにランキングされる。
 同社の礎が築かれたのは1960年代半ば、北九州都市圏に訪れた宅地開発ブームに遡る。ここで同社は、土地の造成・開発から設計・監理・建築や販売まで自社で手がける一貫体制を構築。勝ち取った信用を土台に、80年代には「サンパーク」のブランドを掲げて分譲マンション事業に進出した。実直に顧客と向き合いながら、これまでに供給したマンションは135棟、戸数にして6,200戸余り。2000年代半ばに日本中を騒然とさせた「姉歯問題」(構造計算書偽造問題)も、「手抜き工事の仕方さえ知らなかった」と苦笑する大園英彦会長の下、トラブルとは無縁で乗り切った。

 妥協を許さず品質を追求する姿勢に、トップクラスの販売実績を支える原動力を見ることができる。

<戸建事業も急成長、地域に根差す企業理念>

 同社の戸建住宅「サンコート」も、ここ数年で大きく供給実績を伸ばしている。コンセプトは「家賃並みで買える新築戸建て住宅」。販売価格を抑えながら高いクオリティを維持し、とくにデザインへのこだわりと女性目線の設計思想が支持を集めた理由のようだ。要望の高まりに応えてモデルルームを併設した「住まいの情報館」も拡充され、14年9月には「イオンタウン黒崎」(北九州市八幡西区)内に4店舗目がオープン。今期15年9月期は340戸の販売目標を掲げ、県下トップ3への返り咲きを目指す。

 ところで、同社を訪ねると、アットホームな雰囲気に驚かされる。全従業員の半数を女性が占め、出産した社員が子どもを連れてくることもしばしば。大園会長以下、皆で取り囲んで祝福する姿に、今となっては珍しい大家族主義を見ることができる。地域貢献事業にも積極的で、地域を支える女性とともに歩む姿勢が強く滲んでいる。
 14年9月期は、約189億円の売上高を計上した同社。ともすると旺盛な販売実績=営業力に目を奪われがちだが、根底に流れるこうした企業風土こそ、同社を北九州トップデベロッパーに押し上げた真の要因のようにも思われる。

坂口憲二(中央)さんを囲んで

【田口 芳州】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:大園 信
所在地:北九州市八幡西区下上津役4-1-36
設 立:1968年11月
資本金:9,800万円
TEL:093-613-5500
URL:http://www.daieisangyo.co.jp

ニュース一覧
| 2015年12月 7日 10:23
| 2015年8月31日 10:37
| 2015年5月 1日 11:43
| 2015年4月24日 14:46
| 2015年1月15日 11:28
| 2015年1月 9日 11:17
| 2015年1月 8日 09:39
| 2015年1月 6日 10:22
| 2014年12月26日 16:22
| 2014年12月26日 16:04
| 2014年12月25日 07:00