ネットアイビーニュース

  • ネットアイビーニュース倒産情報ニュース

  • 健康情報ニュース

  • 建設業界ニュース

  • 住宅情報ナビ

  • 流通業界ニュース

  • スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

メールでの問い合わせ


住宅関連ニュース

疑惑の不動産入札 広大な農地として売りに出ていたが

2017年1月18日 09:48

 すでに開札され、落札者が決定したとされる、ある不動産入札に疑惑が生じている。大手企業所有の郊外にある広大な用地が人知れず入札にかけられ、開札が行われていた。疑惑とされるのは、その土地の種目。入札説明書には、「農業振興地域のため、農業用地としてしか、利用できない」と記載されているが、管轄の自治体に問い合わせると、その土地は「農業振興地域から外れている」との回答があった。

 しかも、当該地の不動産登記の種目はずいぶん前から「宅地」となっており、入札説明書と大きく食い違う。また農業用地のため、「農家もしくは農業生産法人に限る」との入札参加制限があり、応札数を絞る意図があったようにも映る。仮にこの土地が、宅地として開発されれば、落札額の数十倍に化けるのは間違いない。開札から3カ月以上経過しているが、不動産登記の所有者に変更はない。さて、所有権移転先は農業関係者となっているのか、注目である。

【東城 洋平】

ニュース一覧
| 2015年12月 7日 10:23
| 2015年8月31日 10:37
| 2015年5月 1日 11:43
| 2015年4月24日 14:46
| 2015年1月15日 11:28
| 2015年1月 9日 11:17
| 2015年1月 8日 09:39
| 2015年1月 6日 10:22
| 2014年12月26日 16:22
| 2014年12月26日 16:04